一眼レフでfullHD動画機材を揃える

今、フルHDの機材を買うならば、格安なのが一眼レフ。

安く買うには、ボディーの吟味から。

最高はCANON EOS5マークⅡでしょう。

画質がですが、お値段が高い。

価格コムでみてもボディーのみで最安値が163978円です。

画質にこだわるとレンズも最高級を揃えるので、さらにお高くなりますね。

この値段だったら、PANASONICの業務用カメラも購入できそうなので、安さが決めてで一眼レフを選ぶなら、もう少し格下を選ばないとなりません。

EOSKISS X5ならばボディーは4万円台にまで下がっています。

X4ともさほど値段は変わりません。

モニターが動かせて、なおかつ使いやすい。

キャノン派の私にとって、KISSは魅力的です。

しかし、このカメラもちょっと問題があって、熱暴走で10分以上連続で撮影できないらしい。

これはニコンもソニーも同じことがいえるそうで、一眼レフ動画の弱点ですね。

機種によってはそれほど熱暴走で急に止まってしまうことはないのかもしれませんが、こういったデメリットはなかなか探せません。

ここで、私の目にとまったのが、LUMIXのGH1とGH2です。

 

GH2は最新型で、ボディだけでも6万はします。

GH1ですとヤフオクで大体2万円前後です。

安くできる点はレンズにあります。

たとえば、ライカの旧式のレンズでもマウントを買い足せば取り付けられます。

これはミラーレスカメラなので、レンズと受光素子までの距離が短い。

昔のカメラはレンズと受像面が長いので、その差に筒をかませれば、撮影できるのですね。

私はキャノンのマニュアルレンズを持っていますし、買っても安いので、キャノン用のレンズマウントを購入し、使うことにしています。

もし、カメラを買い換えても、スチルカメラにも使えますし。

標準ズームとGH1のボディーをヤフオクで購入して、合計3万円弱。

録音機材も3万円ほどで揃えれば、三脚や照明など足していっても10万円以内で揃えられます。

モテキでも使われた機種ですので、実績もあります。

あとは、AVCHDに対応した編集ソフトを買うだけだな。

広告
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

B.DASH PLUS 上映会 VOL.1

久しぶりの上映会です。

今回は裏方で、作品は出しませんが、いろいろやってます!

是非見に来てください。

テレビでは見られない作品だらけです。 

 

9月25日(日)

戸野廣浩司記念劇場 JR山手、京浜東北線・地下鉄千代田線西日暮里 徒歩5分 よみせ通り

12時開場 12時半開演 

料金 千円

 

       『ベスレイ』(39分)        監督 古川達郎 出演 保坂沙織 市川真治

CIMG1998

 『警部補 朝倉庄司』(17分)  監督 小菅光晴 出演 清水安裕 吉崎仁美

添付メッセージ部

『おかあさんとぼく』(3分)    監督 中村幸一 出演 越坂なつき

添付メッセージ部 (1)

『あの頃のように』(7分)     監督 内海春男 出演 阿部恍寿穂

    添付メッセージ部 (2)

 『ミスターベー』(20分)      監督 阿部誠  出演 阿部誠

添付メッセージ部 (3)

『天使諜報★神宮寺真琴

       ~市民の敵は場外へ飛ばせ!~』(25分)  監督:胤森淳

SONY DSC

『アイドルスナイパー 第1話・プロローグ』(10分)  監督:稲葉司

idolsniper02

『誕生日プレゼント』(8分)   監督 岡本泰之

添付メッセージ部

『神の御業』(20分)       監督 いさみたかお
サムネイル_神の御業
   ☆山本かおりミニライブ

yamamotokaori

http://iandifactory.com/iandi/tonohiro/tonohiro.htm

image

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

youtube

youtubeに何本か作品をアップしています。
その中でもダントツの再生回数は今までは「世界中が上杉さん」でした。
12000回を超えてました。
多分、自主製作映画ではなかなかの回数だと思います。
と思っていたら、7月になって突然伸びてきたのが「the Brain」です。

the Brain

これがなんと15万回以上再生されてます。
前回ボイスか日記で書いたときは12万回でした。
youtubeはインサイトで再生した人の情報が分かります。
7月10日以降、ほぼ毎日1200回以上は再生されています。
次に年代別と男女別の構成比です。

フォト

男性が64%で女性が36%です。
意外と女性が多いようです。
男性は年代別で見ても45-54才が多いので、エロ目的でしょうw

フォト

女性は10代が多いようで、性的な興味なのかホラーなのかはどちらを目的としてみているのか定かではないですね。

フォト

次にホットスポットという分析があって、どの時間帯が一番見られているかってのもわかります。

フォト

このグラフを見ると、突然山があります。
この山のシーンは右です。
再生していただけるとどんなシーンかなるほどなと思いますw
これで解ることは、少しエロい部分を入れると視聴回数は格段に伸びるって事なんですが、じゃあエロだけでいいのかって事なんです。
私はエロい描写を疎かにするのは駄目だと思っています。
人の本質に近い部分なので、レベルの低いことだと蔑んではなりません。
しかし、エロを入れれば見てくれると思っても駄目です。
エロを売りにしたらだんだん仕事が粗くなりますし、ポロリに頼ってしまいます。
入れるなら必然ともろに見せるよりも感じさせる表現をしなければなと思っています。
偉そうなことを言いつつも、今回の結果に味を占めそうで怖いですねw
マジで三原さんは綺麗ですし、中身もエロいですw

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

プラグインを購入

円高なので、外国製品を買おうかと。
ドルで買える製品で運搬料がかからない物。
アフターエフェクトのプラグインをダウンロードで購入した。
アフターエフェクトとは動画で合成や特殊効果を与えるソフト。
写真はフォトショップを使う。
プレミアという編集ソフトがあるけれど、細かい合成や特殊効果はアフターエフェクトが有利。
そのアフターエフェクトにはフィルターがいくつか入っていて、いろいろできます。
しかし、デフォルトは何でもできるんですが、イマイチ物足りない。
スタートレックのようなレンズフレアはアフターエフェクトだとできません。
できるかも知れないけど、かなり重くなります。
それを軽くしなおかつ表現の幅が広くなります。

オープニングロゴ

 

短時間でこの程度ならできます。
フレアは他にもTRAPCODEやred giantのknoll light factoryなどがあります。

グローや光を出すエフェクト関係はやはりデフォルトよりも美しいですね。
そのかわり、プラグインは高いので7,8万円くらいする物があります。
今回はcopilot社のoptical flareを購入。
次に欲しいのはtrapcodeのparticulerでしょうか。
paticulerは細かく粉砕した粒子を作成するプラグインで、炎や煙や粉塵などを制作できます。
これはかなり使えますね。
次にいいなと思うのは、RE:FLEX社のプラグインで、これはスローモーションを美しくできます。
ビデオでスローモーションを撮れる機種は少なく高価です。
それをプラグインで実現するんですが、結構高いんですよね。
6,7万はしたかな?
同じく、動くときのぶれを美しくできるプラグインもあります。
他にもフィルムっぽくするプラグインや、カメラが壊れた瞬間を再現するプラグインもあります。
中には、美肌を動画で作り出すプラグインもあって、これは思ったよりも安いんですよねw
今回は165ドル使いましたが、77円だと12700円ですので、日本代理店で買うと14700円ですから、2000円の得ですね。
ただし、本当はセール時期に買うのが得です。
半額セールや30%オフなんてざらにありますので。
プラグインはライセンスの関係でPC一台に付一個しか使えません。
映像素材は使えるので、共同購入もできるかもですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

爆破シーンに火薬はいらない

正直言って、火薬がないのは寂しいのだがw
24のシーズン8が現在放映されています。

 

24もよく見るとかなりCGが使われています。
どこがと言う人が多いと思います。
第一話でヘリがロケットランチャーで爆破されるシーンがあります。
これは多分、CGです。
どうすれば作れるのかも解ってきました。
爆破の炎なのですが、これは素材があります。
映像専門の素材集を見るとかなり高品質でバラエティーに富んでいます。
中でも炎とともに飛び散る粉塵や埃もパッケージされている商品があり、うまく組み合わせるとかなりリアルになります。
組み合わせ方もチュートリアルとしてで回っています。
銃撃戦もかなり簡単にできてしまいます。
マズルフラッシュと呼ばれる、銃から飛び出す光。
これも拳銃からライフル、ショットガンまであります。
飛び出す薬莢だけの素材もあります。
それとスモークとぶれを加えるとリアルになり、弾着も素材として販売されており、銃痕から飛び散る血しぶきまであります。
硝子が砕ける様子や、硝子に穴が空く状態も作れます。
CGでいちいち作成するのもいいのですが、炎や煙、水しぶきなどは実際の映像を撮影してそれを合成する方が早いし軽いんですよね。
なによりもリアルです。
ただ、その合成方法にまだまだ人の手とセンスが必要で誰でも上手くできるって事はありません。
派手な銃撃戦など合成で弾着を使うよりも早く安く作れます。
といっても、現場で弾着を使ってそれを補完する方がよりいいのですが。
円高なので外国製の映像素材やプラグインを漁っています。
そのなかでいろいろ勉強になるTIPSを見つけられて楽しいですね。
24の場合、ちょっとした街角の映像も合成だったりしますので、ロケ費を安くするにも効果的なのでしょう。
たとえば、ロスで撮影して背景にワシントンDCの画像をはめ込むなんてシーンも結構ありますね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

アドリブ

アドリブってどこからどこまでアドリブか解らないときありますよね。
勇者ヨシヒコと魔王の城を見ていると、役者全員がどこまでアドリブかよく分からない演技してますね。
佐藤二郎さんはどこまで台本なのか解りませんw
プロゴルファー花の時もどこまでやねんと思いましたがw
今、埼玉のラッパー見てます。
とにかくワンカットが長い。
ラップで台詞を言う一種のミュージカルなんですが、その台詞がめっちゃ長い。
ワンシーンワンカットなので物凄く練習してからやってるんでしょう。
ワンシーンワンカットってかっこいいからやってみたい人が多いと思う。
でも、このワンシーンワンカットって役者の技量が出過ぎてめっちゃきびしいよね。
だからといって全く演出せずにやっちゃうとえらいことになってしまうよね。
きっちりした演出と役者の基本的な技量がかみ合わないとできないんですよね。
長回しは長いって事を感じさせたら、ただの長いシーンです。
長さを感じさせないための演出が最初にあって、それからでしょうね。
そういった意味では埼玉のラッパーはうまくこなしてますね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

撮影手伝い

埼玉県の本庄に撮影のお手伝いに行ってきました。
今回はカメラも回さず、照明もやらずマイク持ちとロケ地の設営手伝い、役者スタッフの運搬でした。
舞台が小学校で、エキストラの小学生一クラス分もいて、そのうえ引率のお母さんやFCのスタッフまで。
かなりの大人数での撮影です。
私は朝5時起きで6時前に出発し、川越で出演者の真谷さんをひろって本庄に。
本庄って新宿からほぼ100キロの遠さ。
熊谷は日本一、熱い場所らしく本庄も暑くなるだろうと。
暑くなるかなと心配でしたが、運良く耐えられるレベルの暑さでした。
準備は撮影スケジュールの先回りで撮影場所を作っていき、終われば片付ける。
そのくり返しですが、これがなかなか大変で、撮影スケジュールが非常に早く、追われると同時に子供が多いとうまく裁けないですね~
そこは役者の方々や子供担当の岡野さんがうまく仕切ってやってくれてました。
一番大変だったと思います。
役者さん達はしっかり自分の役割を果たし、仕事をしてました。
私は職人なので、性格や人格なんてどうでもいいですから、とにかく現場では仕事をきっちりすればいいと思っています。
いい人も悪い人も仕事ができなければ駄目なんです。
やり遂げようとする意思と責任感が技術の上に必要ですね。
全員が職人としてしっかり自分のパートをこなしたので、時間通りに撮り終えたなと。
なかなかいい経験になったので、自主でも頑張ったらここまでできるんだなと。
ちょっと頑張って秋までに自分も1本撮らねば!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ